DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第21巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/525

Title: 当院における肝臓病教室の取り組みと薬剤師のかかわり
Authors: 松浦, 千恵
橋元, 誠
Keywords: C型肝炎
質問紙法
生活の質
薬剤師
Interferons
服薬指導
チーム医療
外来診療
Issue Date: Dec-2014
Publisher: 三菱京都病院
Citation: 三菱京都病院医学総合雑誌(1342-7520)21巻 Page43-45(2014)
Abstract: 当院では、病気の完治が困難であっても高いQOLを維持した生活を過ごせるように指導・援助するという目的で、2010年より肝臓病教室を年2回のペースで開催している。教室運営には医師・薬剤師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士・事務職員でチームを構成し、それぞれのスタッフが順番に担当し情報提供を行ってきた。その中で薬剤師は、肝臓病で使用される薬剤について担当している。2014年3月開催の教室では新規C型肝炎治療薬シメプレビルをテーマに講義した。普段、外来患者と時間をかけて接することが少ないため、教室を通して薬剤情報を提供できる貴重な機会であった。【著者抄録】
URI: http://hdl.handle.net/11665/525
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第21巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26015_vol21_p43-45.pdf360.18 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback