DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
洛和会音羽病院 >
洛和会病院医学雑誌 >
21巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/404

Title: 脳死・大脳死と自然死
Other Titles: Brain Death, Persistent Vegetative State and Natural Death
Authors: 福間, 誠之
Keywords: 脳死
大脳死
持続性植物状態
自然死
生命維持治療
brain death
cerebral death
persistent vegetative state
natural death
life-sustaining measures
医事法制
死後変化
ターミナルケア
遷延性意識障害
Issue Date: 31-Mar-2010
Publisher: 洛和会ヘルスケアシステム
Citation: 洛和会病院医学雑誌(1341-1845)21巻 Page12-18(2010.03)
Abstract: 脳死は全脳機能が不可逆的に停止した状態で、人工呼吸器により生命が維持され、持続性植物状態は大脳死に相当し、経管水分・栄養補給で生命が維持されていて、これらの生命維持治療を何時まで続けるのか問題となることがある。一方で、高齢者が加齢現象や慢性疾患による全身衰弱で終末期を迎えたときに人工的な生命維持を受けない自然死がある。人間は必ず死ぬ運命にあり、どのような終末期ケアを選ぶか医療従事者も家族と共に考えなければならない。(著者抄録)
URI: http://hdl.handle.net/11665/404
ISSN: 1341-1845
Appears in Collections:21巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26012MJ2104.pdf1.61 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback