DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
洛和会音羽病院 >
洛和会病院医学雑誌 >
21巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/402

Title: がんの痛みのマネジメント 緩和ケア病棟での実際
Other Titles: The Management of Cancer Pain −Practices, in the Palliative Care Unit−
Authors: 諏訪, 直子
川上, 明
Keywords: 緩和ケア
がん性疼痛
全人的苦痛
Palliative Care
Cancer Pain
Total Pain
Acetaminophen
嘔吐
悪心
せん妄
非ステロイド系抗炎症剤
オピオイド系鎮痛剤
投薬計画
便秘
ホスピス
癌性疼痛
疼痛管理
Issue Date: 31-Mar-2010
Publisher: 洛和会ヘルスケアシステム
Citation: 洛和会病院医学雑誌(1341-1845)21巻 Page36-44(2010.03)
Abstract: 緩和ケアにおいて疼痛マネジメントは非常に重要な要素である。進行がん患者の3分の2に痛みが出現する。さまざまな原因から痛みが出現するので、ひとつひとつの痛みの原因を把握し、それに応じた対処方法をとる。大部分のがんの痛みは持続的であり、継続した治療が必要である。がん患者の多くは、身体的痛みだけではなく、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛を抱えており、患者の痛みを評価し緩和するためには、痛みを"全人的苦痛"としてとらえることも重要である。疼痛治療はWHOがん疼痛治療法に沿って行う。非オピオイドの有効使用、適時のオピオイド開始と副作用対策、適切なレスキューの使用、鎮痛補助薬の追加、状態に応じたオピオイドローテーションや投与経路の変更などが必要となる。(著者抄録)
URI: http://hdl.handle.net/11665/402
ISSN: 1341-1845
Appears in Collections:21巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26012MJ2107.pdf1.66 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback