DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
33巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/3008

Title: MMSEとR4のICFステージングの推移と相関 ー認知症進行緩和に向けた要因を探る一
Authors: 山口, 千尋
福井, 美雪
吉谷, 奏
山本, 徹
Keywords: 介護老人保健施設
MMSE
ICF
Issue Date: 31-Mar-2023
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),33(2),P201-207,2023
Abstract: 老健施設長期利用者56名の認知機能検査「MMSE」と介護評価「R4システム」の「ICFステージングJ の実数値推移を調査した( 1~6.5年)。その変化(平均, 標準偏差) はMMSE -1. 9士6.0, ICF -3.1土8 .0 であり, 利用者の約4割で認知機能が, 5割で介護評価が保たれていた。またMMSEとICFを比較検定し たところ,「ICF総得点」「4a, 4b, 4c 認知項目」「9b社会交流」に強い相関がみられ, 今後の老健施設の 認知症介護には, 特に社会交流に着目すべきと考えた。
URI: http://hdl.handle.net/11665/3008
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:33巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-033-201.pdf1.76 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback