DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
32巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/2864

Title: 外国人医療支援 言語の壁や食文化への配慮
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
岸, 靖子
柳, 美奈子
阿閉, 塁
前田, 詠美子
山本, 朋子
Keywords: 言語圏
心因性症状
コミュニケーション
味覚性快情動
Issue Date: 31-Mar-2022
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),32(2),p216-219,2022
Abstract: 外国人への医療支援には公用語としての英語表記の説明書や翻訳ツールでの対応だけではなく, 患者の 言語圏や食文化への理解によるコミュニケーションも必要であることを3 事例から述べた。事例1 : 30歳 代ドイツ人男性( 口腔内灼熱症候群) , 事例2 : 60歳代イタリア人男性(大動脈弁置換術後の抜歯例) , 事例3 : 20歳代ベトナム人の男女各1 名(COVID-19 ワクチン被接種者) 。いずれも強い不安を訴えていたが, 患者の母国語等での用語の使用や郷土食の美味しさ想起させる(事例3 におけるフォー) ことで不安を和らぐことができた。フォー: pho ( ベトナム語)
URI: http://hdl.handle.net/11665/2864
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:32巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-032-216.pdf8.86 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback