DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第27巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/2671

Title: CTで術前診断しえた、腸石を伴ったMeckel憩室炎
Authors: 内藤, 雅人
西川, 徹
尾池, 文隆
中村, 有輝
堀, 佑太郎
田中, 崇洋
Keywords: Meckel憩室
憩室炎
CT
Issue Date: Feb-2021
Abstract: Meckel憩室は先天性の小腸憩室であり、憩室炎をきたしうる。その術前診断は困難とされていたが、近年は画像診断の進歩により術前診断された報告が増えている。今回CTにより術前診断が可能であった、腸石を伴ったMeckel憩室炎の1例を経験したため報告する。68歳の男性が右下腹部痛を認め、当院を受診した。急性虫垂炎を疑ったが、CTにより腸石を伴うMeckel憩室炎と診断し、緊急で憩室を含めた回腸切除術を施行した。切除したMeckel憩室内には約1.5cmの腸石を認めた。今回、憩室内の腸石が原因と思われたMeckel憩室炎を術前に診断しえた。急性腹症の鑑別診断としてMeckel憩室炎も考慮する必要があり、その診断にはCTが有用である。
URI: http://hdl.handle.net/11665/2671
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第27巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
CTで術前診断しえた、腸石を伴ったMeckel憩室炎.pdf1.98 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback