DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第26巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1797

Title: 口腔癌術前スクリーニングにて上行結腸に重複癌を認めた1例
Authors: 鈴木, 孝典
可知, 由起子
久保田, 崇
Keywords: double canner (重複癌)
head and neck cancer (頭頸部癌)
PET (ポジトロン断層撮影)
Issue Date: Jan-2020
Abstract: 頭頸部癌は重複癌の頻度が他部位の悪性腫瘍と比較して高いことが知られており、特に上部消化管領域では2.8~10.8%と報告されている。そのため上部消化管内視鏡検査(Esophagogastroduodenoscopy:EGD)の有用性が報告されてきた。一方、18F-FDGを用いたポジトロン断層撮影:positon emission tomography/computed tomography(PET/CT)は術前スクリーニング検査として、低侵襲かつ全身検索が可能な有用な検査である。本症例では、口腔癌術前スクリーニング検査において、PET/CTにより上行結腸癌が発見された。本邦では近年大腸癌罹患率の上昇傾向を認めるため、下部消化管も含めた重複癌のスクリーニングにはPET/CTが有用であり、その特性を含め報告する。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1797
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第26巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
口腔癌術前スクリーニングにて上行結腸に重複癌を認めた1例.pdf1.76 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback