DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第23巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1776

Title: 穿刺吸引細胞診で転移性肺腺癌と鑑別困難であった原発性肺腺癌の一例
Authors: 藤井, 真由美
山下, 直己
鶴山, 竜昭
中嶋, 安彬
Keywords: 穿刺吸引細胞診
原発性肺癌
転移性肺癌
Issue Date: Dec-2016
Abstract: 転移性癌であるか原発性癌であるかを区別するのは治療方針を考えるうえで不可欠である。今回直腸癌術後に原発性肺腺癌と診断され、その後別部位に転移性肺腺癌が発生した症例を経験した。原発性肺腺癌と診断された穿刺吸引細胞診では転移性か原発性かの鑑別が困難であったので、その後転移性肺腺癌と診断された細胞所見と比較し再検討し報告する。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1776
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第23巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
穿刺吸引細胞診で転移性肺腺癌と鑑別困難であった原発性肺腺癌の一例.pdf595.37 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback