DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第25巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1763

Title: 腹部アンギーナに対して、上腸間膜動脈へステント留置を行い良好な転帰を辿った一例
Authors: 北條, 瞬
川治, 徹真
櫛山, 晃央
中妻, 賢志
加藤, 雅史
金田, 和久
横松, 孝史
三木, 真司
吉田, 章
Keywords: 腹部アンギーナ
chronic mesenteric ischemia
血管内治療
Issue Date: Mar-2019
Abstract: 腹部アンギーナは腹部の主要内臓動脈の狭窄・閉塞病変により腸管に慢性虚血を引き起こし、食後の腹痛や体重減少などが生じる疾患である。海外ではChronic mesenteric ischemia(CMI)として報告されるケースがほとんどである。本患者は73歳女性で血液維持透析のため当院へ通院していたが、2016年6月より食後や透析中に腹痛を訴えるようになった。単純CTで腹部内臓動脈多枝に高度石灰化を認め、カテーテルによる血管造影で上腸間膜動脈(SMA)起始部に高度狭窄を確認し、本疾患の診断に至った。本邦ではまれな疾患である腹部アンギーナに対して、血管内治療による血行再建を選択しSMA起始部にステント留置(6×15mm)を行い症状改善を得たため報告する。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1763
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第25巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
腹部アンギーナに対して,上腸間膜動脈へステント留置を行い良好な転帰を辿った一例.pdf625.67 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback