DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第25巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1759

Title: 当院での早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の出血に関する検討
Authors: 山賀, 雄一
玉置, 美賀子
松尾, 陽子
田中, 淳也
鍋島, 紀滋
Keywords: 早期胃癌
ESD
出血
Issue Date: Mar-2019
Abstract: 2013年1月から2017年12月までの5年間に、当院において早期胃癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術(endoscopic submucosal dissection:ESD)を施行した155病変について検討した。155病変中、ESD後に吐下血を来したものは6病変(3.9%)であった。ESDの出血率は4~4.7%程度という報告があり、既報と同程度の出血率であると考えた。切除長径が長い方が出血の多いという既報があり、本検討でも切除長径が長い方が出血の多い傾向にあったが、有意差はなかった。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1759
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第25巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
当院での早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の出血に関する検討.pdf359.44 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback