DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
三菱京都病院 >
三菱京都病院医学総合雑誌 >
第25巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1756

Title: 当院での抗菌薬適正使用プログラムによる感染症診療の改善状況について
Authors: 堀田, 剛
嶋, 雅範
谷山, 絵梨子
溝手, 雅子
桐山, 靖之
二谷, たか枝
Keywords: 抗菌薬適正使用プログラム
AUD
カルバペネム系抗菌薬
Issue Date: Mar-2019
Abstract: 2015年4月から12月にかけての中規模急性期病院における抗菌薬適正使用プログラム(Antimicrobial Stewardship Program)の成果について解析を行った。診療科への介入は感染症専任医へのコンサルト、血液培養陽性症例、監視抗菌薬使用症例が多数を占めた。コンサルト内容では、初期治療に関する相談が最も多かった。実際に介入した症例のうち、81.3%で治療を変更できた。その結果として、抗MRSA薬の使用量については変化が見られなかったが、カルバペネム系抗菌薬のAUDが32%減少した。一方で、フルオロキノロン系抗菌薬のAUDは25%増加しており、今後の課題である。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1756
ISSN: 1342-7520
Appears in Collections:第25巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
当院での抗菌薬適正使用プログラムによる感染症診療の改善状況について.pdf576.67 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback