DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
29巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1676

Title: 術前ピオクタニン洗浄が効果的であった 有痩性MRSA膿胸の一例
Authors: 佐藤, 愛実
金, 泰雄
内野, 和哉
Keywords: MRSA膿胸
ピオクタニン
手術
Issue Date: 31-Mar-2019
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),29(2),p236-240,2019
Abstract: 症例は70歳男性。直腸癌肺転移に対して左上区・底区切除術後であり残存腔の膿胸を繰り返している。 前医で膿胸と診断され当院紹介となった。胸腔ドレ一ンを留置し膿性胸水と少量の工アリークを認めた。 胸水培養でMRSAが同定され, ピオクタニン洗浄と醸膿胸膜切除術を施行し, 軽快退院となった。術前ピオクタニン洗浄は醸膿胸膜を染色することで術中の十分な剥皮を可能にし, 難治性有痩性膿胸に対する有効な治療法であると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1676
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:29巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
nenpo_236-240.pdf562.79 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback