DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
29巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1673

Title: 高齢口腔癌化学放射線療法における経口摂取の意義-2例の経験例より
Authors: 荒川, 義之介
瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
池澤, 佑典
Keywords: 高齢者
口腔癌治療
口腔粘膜炎
うま味
グルタミン酸
Issue Date: 31-Mar-2019
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),29(2),p222-225,2019
Abstract: 症例1 : 70歳女性, 右側上顎歯肉癌(T4aNOMO/扁平上皮癌)。症例2 : 82歳女性, 右側上顎歯肉癌 (T3NOMO/扁平上皮癌)。ともに浅側頭動脈からの動注化学療法(CDDP+TXT) を施行し放射線治療 (60Gr/30Fr) を行った。2例とも糖尿病の既往があり1 例(症例2) は糖尿病内分泌内科でインスリン による血糖コントロールを受けながらの治療であったが, 咽頭粘膜炎は各々grade 2 および3, 2例とも糖尿軟菜食の摂取を8~10割維持することができた。2例の治療終了時の血清アルブミン値は, ともに3.4~3.5mg/dLであったが, 良好な口腔衛生の定常化と元来の「食」への意欲が根底にあった。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1673
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:29巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
nenpo_222-225.pdf426.6 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback