DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
27巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1563

Title: 主治医の役割と患者支援相談ー口腔癌患者の1例から
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
戸田, 常紀
仙﨑, 英人
Keywords: 患者支援室
主治医ー医療スタッフの連携
患者心理
口蓋腺房細胞癌
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),27(2),p233-236,2017
Abstract: 口蓋腺房細胞癌術後の70歳代男性で側臥位等の体位で左側耳前部から下顎角部にかけて知覚鈍麻を 自覚して当院患者支援相談室を来訪し, 他院クリニックを紹介され画像検査を受けたが異常なしとの説明を受け何らの対応もなかった。結果的に患者の訴えは顎位の改善により自然消失したが悪性腫瘍患者に対する患者支援には, 主冶医との連携がまず基本事項として重要であることを述べた。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1563
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:27巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-027-233.pdf571.03 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback