DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
洛和会音羽病院 >
洛和会病院医学雑誌 >
21巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/398

Title: 経口ビスフォスフォネート製剤に関連した下顎骨壊死の1例
Other Titles: A Case of Osteonecrosis of the Mandible Related to Oral Bisphoshonate Use
Authors: 塚本, 容子
古原, 優樹
安東, 宇慧
横江, 義彦
Keywords: ビスフォスフォネート
顎骨壊死
骨粗鬆症
bisphosphonate
osteonecrosis of the jaw,
osteoporosis
X線診断
下顎疾患
デブリードマン
X線CT
経口投与
Alendronate
Issue Date: 31-Mar-2010
Publisher: 洛和会ヘルスケアシステム
Citation: 洛和会病院医学雑誌(1341-1845)21巻 Page68-71(2010.03)
Abstract: ビスフォスフォネート(bisphosphonate、以下BP)製剤は癌の骨転移や骨粗鬆症の治療に広く用いられている薬剤であるが、近年その合併症として、顎骨壊死が報告されている。われわれはBP製剤関連顎骨壊死(BP-related osteonecrosis of the jaws、以下BRONJ)の1例を経験したので報告する。症例は86歳女性。骨粗鬆症により経口BP製剤を2006(平成18)年12月から2008(平成20)年11月まで服用しており、左側下顎部の腫脹、瘻孔からの排膿を自覚し受診した。初診時、左側下顎部に潰瘍形成認め、左側下顎犬歯周囲に骨露出を認めた。画像所見では、左側下顎骨部に広範囲にX線透過像を認めた。BRONJと診断し、BP製剤の服用中止、抗菌薬の投与を開始し、手術による病変部の除去を施行した。病理組織学的所見では、肉芽組織、壊死骨が認められた。現在、術後5ヵ月にて良好な治癒経過を認めている。(著者抄録)
URI: http://hdl.handle.net/11665/398
ISSN: 1341-1845
Appears in Collections:21巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26012MJ2113.pdf1.92 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback