DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
洛和会音羽病院 >
洛和会病院医学雑誌 >
22巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/385

Title: 形質細胞性白血病に対するボルテゾミブ、ドキソルビシン、デキサメタゾン併用療法
Other Titles: Combination chemotherapy with bortezomib, doxorubicin and dexamethasone for plasma cell leukemia
Authors: 高松, 輝行
安井, 寛
Keywords: 形質細胞性白血病
Bortezomib
Doxorubicin
Dexamethasone
腫瘍多剤併用療法
骨髄検査
白血病
免疫組織化学
Syndecan-1
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 洛和会ヘルスケアシステム
Citation: 洛和会病院医学雑誌(1341-1845)22巻 Page90-94(2011.03)
Abstract: 形質細胞性白血病は治療抵抗性で予後不良の疾患として知られている。形質細胞性白血病の診断で当科に紹介された69歳の女性に対してボルテゾミブ、デキサメタゾン療法を開始したところ寛解(VGPR)となった。しかし、ボルテゾミブ休薬と同時にM蛋白の増加を認めた。アルキル化剤による多剤併用療は無効であった。ボルテゾミブ、デキサメタゾンにドキソルビシンを加えたレジメに変更したところ1年以上stable diseaseを維持している。副作用は軽度の倦怠感のみである。ボルテゾミブ、ドキソルビシン併用療法は形質細胞性白血病治療の一つの選択枝となりうる。(著者抄録)
URI: http://hdl.handle.net/11665/385
ISSN: 1341-1845
Appears in Collections:22巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26012MJ2216.pdf2.05 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback