DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
洛和会音羽病院 >
洛和会病院医学雑誌 >
25巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/334

Title: 急性アルコール中毒の臨床的特徴とエタノール血中濃度の推定
Authors: 上田, 剛士
尾方, 英至
南, 尚吾
吉田, 雄介
桂井, 隆明
前田, 遥
永野, 明範
西口, 潤
森川, 暢
米本, 仁史
石田, 恵梨
米山, 克二郎
小嶌, 祐介
二宮, 清
Keywords: 急性アルコール中毒
血中濃度
浸透圧ギャップ
Ethanol
感度と特異度
Glasgow昏睡スケール
Issue Date: 31-Aug-2014
Publisher: 洛和会ヘルスケアシステム
Citation: 洛和会病院医学雑誌(1341-1845)25巻 Page45-49(2014.08)
Abstract: 急性アルコール中毒104例において臨床所見とエタノール血中濃度の相関を検討した。多変量解析によりGlasgow Coma Scale(GCS)の低値とアルコール臭はエタノール血中濃度高値と関連があっが、嘔吐と頻呼吸はエタノール血中濃度低値と関連があり、後二者はアセトアルデヒドによる症候であることが示唆された。また急性アルコール中毒では嘔吐、アルコール臭、眼球結膜充血が高頻度に認められる症候であり、これらを認めない意識障害患者では急性アルコール中毒以外の原因を考えるべきである。急性アルコール中毒よる意識障害はGCSのEye scoreが低いことが外傷患者による意識障害と異なり、注意深い診察が両者の鑑別に有用な可能性が示唆された。(著者抄録)
URI: http://hdl.handle.net/11665/334
ISSN: 1341-1845
Appears in Collections:25巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26012MJ2510.pdf1.86 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback