DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
33巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/3010

Title: 排便管理についての共通認識を医療職種間で 持つことで便秘を減らす試み — 集中治療領域での便秘のフローチャート作成一
Authors: 西村, 雄二
白戸, 美希
野田, 怜
江口, 孝明
Keywords: 便秘
エロビキシバット
ポリエチレングリコール4000
Issue Date: 31-Mar-2023
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),33(2),P216-220.,2023
Abstract: 便秘は集中治療室に入室される患者に高頻度でみられる。しかし, 便秘はありふれた症状として容認さ れ, 速やかに対応されていない例が見受けられる。便秘の共通認識を持つことを目的に, 集中治療室に人 室する患者を対象に便秘のフローチャートを作成したので報告する。フローチャートを活用することで, 患者に適した排便管理を行うことはもとより, 医療職種間での便秘に対する意識が高まり, 理解がより深 まることを期待する。
URI: http://hdl.handle.net/11665/3010
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:33巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-033-216.pdf1.2 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback