DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
33巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/3009

Title: 会話を重視した認知症ケアの取り組み R4のICFステージングを活用して
Authors: 福井, 美雪
山口, 千尋
吉谷, 奏
山本, 徹
Keywords: 認知症ケア
R4のICFステージング
会話
Issue Date: 31-Mar-2023
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),33(2),P208-215,2023
Abstract: 当施設での事前調査結果から, 認知機能には「会話・面会」が重要であると考えた。COVID -19 感染症 対策で面会が制限されているため, 入所者と職員の「会話」を重視した認知症ケアを2022年1月から開始 し, その有効性を検討した。対象は, 取り組み前(2021年6月~12月) の全人所者72名と取り組み後 (2022年1月~ 6月) の全入所者76名とした。取り組み後, 4d BPSD (Behavioral and Psych ological Symptoms of Dementia : 認知症の行動・心理症状) の改善が1%から14%に増加(p<0.01), 9b 社会 交流の改善が3 %から37%に増加(p<0.01)し, 有効の傾向が見られた。
URI: http://hdl.handle.net/11665/3009
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:33巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-033-208.pdf2.58 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback