DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
32巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/2865

Title: 周術期口腔機能管理における継続課題
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
岸, 靖子
柳, 美奈子
阿閉, 塁
前田, 読美子
山本, 朋子
池谷, 武彦
仙﨑, 英人
川口, 純子
Keywords: 口腔衛生処置
歯性病巣感染
唾液
咀嚼運動
低栄養
Issue Date: 31-Mar-2022
Publisher: 大阪府済生会中津病院年報
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),32(2)、P220-223,2022
Abstract: 最近当院での周術期口腔機能管理の年間策定件数は概算1000件に逹している。これらを基に周術期口腔 機能管理は口腔衛生処置だけではなく口腔の生理機能( 咀暇, 唾液分泌,味覚, 喋下) の維持も一体化させなければならないことを述べた。そして患者ごとの個別性への対応,高齢者での口腔カンジダ症や骨吸収抑制薬関連顎骨壊死例の治療の難しさについて継続すべき課題を要約した。
URI: http://hdl.handle.net/11665/2865
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:32巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-032-220.pdf5.95 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback