DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
32巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/2862

Title: 症例検討:口腔細胞診の実際
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
高橋, 真也
京本, 博行
池谷, 武彦
仙﨑, 英人
Keywords: 液状化細胞診
口腔上皮細胞
口腔白板症
Issue Date: 31-Mar-2022
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),32(2),P206-2013,2022
Abstract: 細胞診を行った口腔扁平上皮癌症例で細胞診では陰性,判定困難, 疑陽性と判定された7 例,組織検査 では確定が得られず細胞診で陽性と判定された1 例を提示した。口腔細胞診はスクリーニング検査にとど まらず, 年齢や生活習慣とともに変化する口腔粘膜の病態に対して病理診断科と相互に情報共有して対応 することで, その有用性が更に向上することを期待した。
URI: http://hdl.handle.net/11665/2862
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:32巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-032-206.pdf8.42 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback