DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
加古川中央市民病院 >
加古川市民病院機構学術誌 >
8巻 2019 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/2822

Title: 口腔ケアの質の向上を目指して 当院看護師に行った口腔ケアアンケート結果とその後の取り組み
Authors: 石野, 亜希子
田村, 昌代
幸田, 直子
杉浦, 啓子
浜西, 千晴
太田, 英梨
中島, 成美
中谷, 修平
Keywords: 質問紙法
看護師
歯科衛生士
生活の質
看護生涯教育
現職教育
陰部ケア
口腔ケア
品質改善
Issue Date: Mar-2019
Publisher: 地方独立行政法人 加古川市民病院機構
Citation: 加古川市民病院機構学術誌(2189-1567)8巻 Page11-14(2019.03)
Abstract: 口腔ケアは歯科領域だけでなく、医療、介護、看護の領域でも一般的に行っており、口腔内を清潔に保ち、口腔機能を維持回復することは「食べる楽しみ」を支援し、患者のQOL向上につながる。また口腔内細菌は、誤嚥性肺炎や人工呼吸器関連肺炎(VAP)、感染性心内膜炎、敗血症等との関連が指摘されており、合併症の発症が主科の治療計画にも大きく影響する。当院の歯科衛生士が行った口腔ケア件数は、2016年度1902件から2017年度3231件と大幅に増え、今後も増加が予想される。現在、周術期口腔機能管理や入院患者の口腔ケアを行っているが、多くの入院患者の口腔ケアは通常看護師が行っており、病棟看護師の口腔ケアに対する意識と実態調査を行い、その結果をふまえて歯科衛生士が取り組んだ内容を報告する。(著者抄録)
URI: http://hdl.handle.net/11665/2822
ISSN: 2189-1567
Appears in Collections:8巻 2019

Files in This Item:

File Description SizeFormat
28007_gaku_08_11.pdf1.32 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback