DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
31巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/2687

Title: 当老健施設のCOVID-19クラスター大規模発生対応と老健の課題
Authors: 山本, 徹
Keywords: 新型コロナウイルス
クラスター
老健施設
Issue Date: 31-Mar-2021
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),31(2),p249-253,2021
Abstract: 2020年12月当老健施設入所82名中の33名,老健職員61名中16名に及ぶ新型コロナ感染が発生し,委託厨房職員の8名も感染した。濃厚接触者は入所者20名,老健職員27名に及び,健常老健職員は30%に過ぎなかった。隣接の大阪府済生会中津病院に陽性者は全員入院し,約40名の看護師に当老健の応援を仰ぎ,感染終息するまで3週間余りであった。幸い重症者,死亡はなかった。今後老健の医療体制,看取り介護の変化などに課題がある。
URI: http://hdl.handle.net/11665/2687
Appears in Collections:31巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-031-249.pdf1.02 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback