DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
30巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1820

Title: 口と唾液ー感染防御のバリアーとしての期待
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
松村, 由美
高山, 美奈子
Keywords: 唾液IgA
インフルエンザ
口腔細菌
お茶の効用
Issue Date: 31-Mar-2020
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),30(2),p281-283,2020
Abstract: インフルエンザウイルスに対する感染防御のバリアーとしての期待を口の働きから, 唾液中に分泌されるlgAについて, そして緑茶や紅茶に含まれるエピガロカテキン等の抗ウィルス作用に注目した。口腔衛生,食習慣,お茶(緑茶や紅茶)から得られる心身への影響をインフルエンザの予防への期待の視点から述べた。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1820
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:30巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpou-030-281.pdf373.59 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback