DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
29巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1674

Title: 顔面腫瘍の壊死部から出血し 救急搬送された巨大表皮嚢腫の1例
Authors: 南平, 佳奈子
冨田, 壮一
高鍬, 広章
上村, 沙希
宗内, 巌
栗田, 晃宏
Keywords: 表皮嚢腫
類表皮嚢腫
巨大
Issue Date: 3-Mar-2019
Publisher: 大阪府済生会中津病院年報
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),29(2),p226-231,2019
Abstract: 症例は8識男性幼少期から左側頭部に小腫瘍を目党しており同腫瘍は約80年かけて緩徐に増大し、 成人頭大(径約20cm)まで巨大化した。この度腫瘍から血性・膿性浸出液が持続的に流出したため救 急要諸し、近隣に対応可能な病院か見つからず当院に搬送された。来院時の造影CT検査では、浅側頭動脈から栄養される内部不均ーな病変を認めた。生検では診断かつかず腫瘍摘出術及び、二期的に皮弁作成術を施行した。組織所見より同腫瘍は悪性病変ではなく、感染を伴った表皮嚢腫(epidermal cyst)で あった。径20cmまで成長した巨大な表皮嚢腫は稀であり、若干の文献考察を加えて報告する。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1674
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:29巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
nenpo_226-231.pdf657.97 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback