DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
28巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1620

Title: 茎状突起過長症の2例ー非定型的臨床病態
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
Keywords: 茎状突起
非定型的口腔
顔面痛
心身のストレス
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),28(2),P240-245,2018
Abstract: 和文抄録 症例1 : 30歳代男性, 2年前に可抜歯後左側口蓋咽頭部付近の「じりじりした痛み」を主訴として8医 療機関を経て当科に紹介された。患側茎状突起は34.9mmを計測するも, 口腔内からは触知できず, 手術適応に乏しいと考えられた。症例2 : 50歳代男性, 右側下顎角部の痛みに対する治療を希望して来院された。4年前に他院で茎状突起過長症の診断下で切除術を受けており、 画像上も同部の形態異常は見られなかった。2例とも摂食時には訴えは軽減しており, 本疾患の病態の多様性について考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1620
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:28巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-028-240.pdf669.96 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback