DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
28巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1619

Title: ポリファ一マシーと高齢者の健康 ー「食と喜び」の観点から
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
京本, 博行
高橋, 真也
川口, 純子
一丸, 智美
戸田, 常紀
Keywords: 多剤併用
薬物の副作用
高齢者医療
口腔生理
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),28(2),P234-239,2018
Abstract: 厚生労働省のホームページからの警告, 高齢者における減処方の重要性を取り上げたマスコミ報道, そして自験例を検討材料とした。催眠・鎖静剤, 抗不安薬, 抗精神病薬, 抗てんかん薬, 抗パーキンソン薬,血圧降下剤, 抗ヒスタミン, 胃腸薬, 等の多くの薬剤は薬剤性口腔乾燥や味覚障害の原因となり, 高齢者では栄蓑障害を起こすリスクに着目し, 高齢者における減処方の重要性を食と喜びの観点から考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1619
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:28巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-028-234.pdf723.95 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback