DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
28巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1618

Title: フルオレセイン蛍光眼底造影検査時に アナフィラキシーショックをきたし植物状態となった一例
Authors: 野崎, 優子
野宗, 研志
Keywords: アナフィラキシーショック
フルオレセイン
植物状態
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),28(2),P228-233,2018
Abstract: 目的:フルオレセイン蛍光眼底造影検査(FA) 時にアナフィラキシーショックをきたし, 適切な処置を行ったが植物状態となった一例を経験したので報告する。 症例:77歳男性, 右網膜静脈分枝閉塞症に伴う血管新生緑内障の疑いで紹介受診となった。 経過:精査目的でFAを施行, 検査開始後に嘔気呼吸困難, 意識レベ}レ低下を認めアナフィラキシーショックと診断, 直ちに適切な処置が行われたが重篤な低酸素脳症により植物状態となった。 結論:FAでは時に重篤な副作用を引き起こすリスクがあり, 検査のリスクとベネフィットを考慮して検査の適応を慎重に判断すること, またアナフィラキシー発症時の適切な応急処置を行うことが菫要である。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1618
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:28巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-028-228.pdf613.7 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback