DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
28巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1614

Title: NSTの介入を要した上顎洞癌の1例一経管栄養受容困難例
Authors: 興山, 緑
瀧田, 正亮
西川, 典良
梶川, ひとみ
高橋, 真也
京本, 博行
川口, 純子
一丸, 智美
Keywords: 口腔癌
術後栄養管理
心理・嗜好性
食行動
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),28(2),P214-217,2018
Abstract: 患者は48歳・男性, 右側上顎洞癌(T4aN1MO) に対して浅側頭動脈からの動注化学療法(CDDP+TXT)を行い開洞掻爬術および肩甲舌骨筋上頸部リンパ節郭清術を施行し, 更にセルジンガー法による動注化学療法(CDDP+TXT)+放射線療法を行ったところ口内炎(grade 3)とともに嘔気の訴えが強く摂食困難となった。しかし, NSTの介入により徐々に経口摂取が可能となり短期日で退院できた。術後栄養管理においては, 患者固有の心理・嗜好性への配慮も必要なことが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1614
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:28巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-028-214.pdf1.76 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback