DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
27巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1557

Title: 味覚性快情動からみた「食」と癒やし
Authors: 瀧田, 正亮
西川, 典良
高橋, 真也
京本, 博行
Keywords: 口腔癌患者
周術期口腔管理
精神神経免疫学相関
人間尊重
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),27(2),p204-209,2017
Abstract: 口腔癌患者(58例),周術期口腔管理例(849例),および非経口栄養例等過去のわれわれの報告例を集積して「食」を味覚• 口腔感覚からの快情動の表出に注目し, 癒しへの効果について追究した。患者ごと の個別性が高いものの, おいしさ惑覚から得られる快情動は精神神経免疫学相関から癒し効果が得られることを求めた。また, 味覚嗜好性はその人らしさの表出系とも考えられ臨床の場においてこれらの味覚嗜好性や「おいしさ感覚」を尊重することは患者の人間性の尊重すなわちSanctity of Lifeにつながるものと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1557
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:27巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-027-204.pdf719.2 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback