DSpace  
Kinki Hospital Library Association 
Search DSpace Advanced Search
Language

KINTORE >
大阪府済生会中津病院 >
大阪府済生会中津病院年報 >
26巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11665/1528

Title: 平成27年度中津病院患者支援相談室活動報告 -患者支援相談に関する院内環境特性と 本院受診相談の沿革をふまえて
Authors: 瀧田, 正亮
古川, 千草
上田, るみこ
上田, 真紀
Keywords: 患者相談
患者ー医療者コミュニケーション
受診案内
医療メディエーション
Issue Date: 31-Mar-2016
Publisher: 大阪府済生会中津病院
Citation: 大阪府済生会中津病院年報(0918-5771),26(2),P238-242,2016
Abstract: 平成27年度(平成27年4月'""28年3月)の相談対応件数は214件を集計したが,受診案内(患者支援相 談窓口に併設され専任者が共通)での相談対応件数も含まれている。直近の3ヶ月でみると,診療内容に関する相談40件,他院からの転医相談39件,待ち時間に関する苦情相談32件,検査や薬に関する相談21件等がみられ,認知症に関する相談も6件みられた。受診案内と一体化した患者支援相談窓口の環境特性に基づく患者-医療者間のコミュニケーションの重要性について考察し,本院の受診相談の沿革として1998年(平成10年)からの萌芽を病院理念(1人間尊重J) の視点から述べた。
Description: 平成27年度(平成27年4月'""28年3月)の相談対応件数は214件を集計したが,受診案内(患者支援相 談窓口に併設され専任者が共通)での相談対応件数も含まれている。直近の3ヶ月でみると,診療内容に関する相談40件,他院からの転医相談39件,待ち時間に関する苦情相談32件,検査や薬に関する相談21件等がみられ,認知症に関する相談も6件みられた。受診案内と一体化した患者支援相談窓口の環境特性に基づく患者-医療者間のコミュニケーションの重要性について考察し,本院の受診相談の沿革として1998年(平成10年)からの萌芽を病院理念(1人間尊重J) の視点から述べた。
URI: http://hdl.handle.net/11665/1528
ISSN: 0918-5771
Appears in Collections:26巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
27060-nenpo-026-238.pdf378.78 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback